rtdxcvyuh



パチンコ・スロット 2ch新台評価と感想まとめ
1453453: 名無しさんに終わりがきます
藤商事は5月7日、2021年3月期の決算を発表した。

 これによると売上高は前期比7%増の269億27百万円、営業利益3億83百万円(前期は20億54百万円の赤字)、経常利益4億86百万円(同22億79百万円の赤字)、当期純利益1億22百万円(同47億19百万円の赤字)となり黒字に浮上した。

期間中、上半期には「Pリング 呪いの7日間2」、「P遠山の金さん2 遠山桜と華の密偵」を市場投入。

 下半期は新規タイトルとして「Pとある魔術の禁書目録」、「P FAIRY TAIL2」、「P戦国†恋姫 Vチャージver」、「P緋弾のアリア ~緋弾覚醒編~」を市場投入した他、その他のシリーズ機などを継続販売した結果、パチンコ機の販売台数は70千台(前期比40.8%増)、売上高は269億20百万円(同37.6%増)となった。パチスロ機については、6号機市場の低迷及び型式試験の適合状況を踏まえ、発売を見送った。

また、2022年3月期の連結業績については、売上高346億円(前年比28.5%増)、営業利益20億円(同421.3%増)、経常利益20億円(同311.0%増)、当期純利益14億円と予想。営業利益及び経常利益は急拡大する見通しとなった。

引用元

2: 名無しさんに終わりがきます
スロットの導入を見送ったってだけでも有能

3: 名無しさんに終わりがきます
京楽とSammyが墜ちたからな、藤が伸びるとは

5: 名無しさんに終わりがきます
結構話題になったメーカーだったがそれでも純益1億とはやっぱ斜陽業界だな
鬼滅の興収すら軽〜く越えそうな馬娘や原神とは大違い

6: 名無しさんに終わりがきます
とあるとアリアを出してくれてありがとう

7: 名無しさんに終わりがきます
応援も兼ねて去年1000株買ったわ
パチンコは勿論やけど俺の中ではスロットの呪怨は6号機では1番の良台やと思ってる
有利区間切れてもそこから再度チャンス有りやし、ATに入ればやれる感は有るしで

8: 名無しさんに終わりがきます
とあるとアリアで1島出来てるわタロウの倍と思ったらやっぱ藤躍進したわ

9: 名無しさんに終わりがきます
よかったなフジ 設定付きに固執したり、人気シリーズの地獄少女を宵の伽で客飛ばしたりしてもう駄目かと思ったがとあるで息吹き替えしたわ

10: 名無しさんに終わりがきます
平和や享楽がデカい顔してた数年前から藤商事の台が好きだったから嬉しいわ

12: 名無しさんに終わりがきます
藤商事は今年一番攻めてたんじゃないかなと思うわ

俺の分析としては
①スペックの適応力と攻めの姿勢
その時その時のスペックにすぐに対応した台をすぐに出せていた
安定したスペック台を出しながらも独自の複雑ではあるが興味をそそるスペックが多く出てきた

②魅力的な版権の投入
安定のホラーで既存客を引っ張りつつ
アニメ、萌え版権でしっかりとオタクの興味を引き付けた
萌えブーム版権では他社より一歩リードした

スペック開発が優秀に思えます
最近どこも似たり寄ったりなスペックの中で藤さんが一社輝いていました
スペック変態メーカーと言われていたサンセイがその後ガロで大成功した流れを今藤商事に感じています

18: 名無しさんに終わりがきます
>>12
アホか
既存スペックの焼き直しだらけだわ

13: 名無しさんに終わりがきます
ホールで藤商事の台がシマ単位でどこの店でも確保されてるのって相当レアだと思うわ
そりゃ景気いい話出るよ

14: 名無しさんに終わりがきます
とあるのお陰だな
恋姫は失敗だがアリアは成功だろうし長く客が付いてる印象

16: 名無しさんに終わりがきます
藤がというより他が勝手に自滅してくれただけだろ
P機に限っては三洋と藤以外潰れていいってレベルだし

17: 名無しさんに終わりがきます
このご時世チー牛向け台を作るしかないからな

19: 名無しさんに終わりがきます
好調だな。

20: 名無しさんに終わりがきます
暴れん坊将軍と戦艦ヤマト作れる会社だからな
享楽なんかよりよっぽど優秀

21: 名無しさんに終わりがきます
いや演出ゴミ台しかないゾ

他がもっとひどいからなんだけど

スペックはまあ藤とSANKYOが変わり種出してる感じかな

23: 名無しさんに終わりがきます
とあるとアリアで儲けた金を地獄少女に注ぎ込む藤



藤商事くらいの規模だと、ちょっと売れればすぐ回復するよな。パチンコ7万台で当期純利益1億ってことは、だいぶ販売台数の損益分岐が低い。メーカーは基本的に1台あたりの利益が大きい。

これが販社になってくると、台あたりの利益が小さいから損益分岐販売台数が大きくなる。例えばフィールズだと年間13~15万台くらい売らないと黒字にならない。もっと小さい販社はそれなりの販売台数でも大丈夫だろうけど。
ホルストローマン

当然大手のサミーや、アルゼのように母体が大きいところは、損益分岐販売台数が大きくなる。今年は延長になったとはいえホール側に強制入替需要があるからいいけど、来期以降は、需要も減って減少していくパイを全メーカーで奪い合いという血みどろの様相になる。

藤商事は無難に残りそうだけどね。それ以下の中小メーカーはきつそう。販売台数考えると、機械開発に金もかけられない。

アラブ
■合わせて読みたい おすすめ記事

引用元:https://medaka.5ch.net/test/read.cgi/pachik/1620390583/