oihiohoihio

パチンコ・スロット 2ch新台評価と感想まとめ


【決算】フィールズ、今期経常をトントンに下方修正

 フィールズ <2767> が3月6日大引け後(17:30)に業績修正を発表。19年3月期の連結経常損益を従来予想の25億円の黒字→トントン(前期は52億円の赤字)に下方修正した。会社側が発表した下方修正後の通期計画に基づいて、当社が試算した10-3月期(下期)の連結経常損益も従来予想の65.6億円の黒字→40.6億円の黒字(前年同期は19.1億円の赤字)に38.1%減額した計算になる。
 

会社側からの【修正の理由】

 <第3四半期までの状況>当社グループの主力であるPS流通カンパニーにおきまして、当年度上半期(4-9月)は、市場の状況に鑑み、主として新規則に対応した遊技機開発に注力する期間と位置づけ、旧基準パチスロ機(いわゆる5.9号機)や後発機を中心とした販売に取り組みました。これを主因に、上半期の連結売上高は180億円、連結営業損失は39億円となりました。続く第3四半期(10-12月)は、新規則機を含む主力タイトルの新台販売に注力いたしました。この結果、同四半期の連結売上高は195億円となり、連結営業損益は26億円の黒字となりました。

 以上の結果、第3四半期累計期間(4-12月)は、連結売上高は376億円となり、連結営業損失は12億円まで改善いたしました。<第4四半期(1-3月)の状況>足元の第4四半期(1-3月)計画におきましては、検定通過待ちの機種も含めた複数のパチンコ・パチスロタイトルを保有しながら、通期業績の達成に努めました。パチンコにおきましては、『パチンコ ヱヴァンゲリヲン13』、『ぱちんこ 劇場霊』を販売しております。一方、2月末に販売を開始した『ぱちんこ GANTZ:2』は、適合に想定以上の時間を要したため、納品時期については、熟考の結果、G20(大阪サミット)による入替自粛期間(概ね5月下旬から1カ月程度の予定)を控えて、入替需要が例年にも増して大きなピークを迎えるゴールデンウィーク前に延期することといたしました。

 パチスロにおいては、『パチスロ ヱヴァンゲリヲン AT777』を販売いたしました。同機種におきましては、導入直後から好評を得ており、現在、追加受注を頂いております。また、予定していた適合済みの未発表タイトルにおきましては、販売機会の拡大を考慮した結果、ニーズが高まる来期に販売することといたしました。これらを主因として、第4四半期(1-3月)の連結売上高はおよそ150億円となり、連結営業損益はおよそ12億円の黒字となる見込みです。<通期業績の見通し>以上の推移の結果、通期業績の見通しにつきましては、連結売上高530億円(計画比420億円減)、連結営業利益0億円(計画比20億円減)、連結経常利益0億円(計画比25億円減)と期初計画を下回る見通しです。売上高減少の主因は、次の通りです。当初、第4四半期に検定通過待ちタイトルを含めパチンコ機4タイトルを予定していました。この内、上述の通り2タイトルは販売いたしましたが、計画に含めていた主力1タイトルが不適合になったことにより、およそ145億円減少の影響を見込んでおります。加えて上述の通り、『ぱちんこGANTZ:2』ならびに未発表パチスロ機1タイトルの販売延期による影響として、およそ255億円の減少を見込んでおります。

 営業利益減少の主因は、上述の売上高減少の要因によるものです。なお、販管費は経営効率化施策が概ね予定通り進捗しております。経常利益減少の主因は、営業利益の減少に加え、主に計画外の営業外損失の積み上げによるものです。親会社株主に帰属する当期純利益につきましては、第3四半期までに関係会社株式売却益等の特別利益を計上しており、7億円(計画比8億円減)となる見込みです。期末配当(予想)については、直近に公表している内容から変更はありません。なお、2020年3月期の連結業績予想は、上述の状況も併せて見通しを精査し、2019年3月期の決算発表にて開示する予定です。


<<<ネットの反応>>>

・何だかんだ言い訳をして毎回下方修正をするのが、ここのやり口だね。来期にとか言ってるけど、また先送りをするんだよ。山本社長になって少々期待したけど、結局信用度は低いな。全く減給しな!
・期末業績大幅下方修正。第4四半期は悲惨な結果となった。第4四半期でパチンコ、パチスロ販売予定台数9.8万台と相当強気だったのに、終わってみれば収支トントン。

 3月末納期のパチスロでどうにかプラマイゼロになったということか。フィールズ、全く信用できないね。明日はやはり相当株価はさがるのだろうか。だが、見方を変えれば、第4四半期の未達分、不適合となった主力1タイトル145億円分と『ぱちんこGANTZ:2』ならびに未発表パチスロ機1タイトルの販売延期の255億円分、計400億円ほどが来季の売り上げに見込めるとも言えなくもない。

 今まで、さんざん株主、投資家を裏切ってきた結果として株価は下がるのか?遊技機改正が終わり、来季から機械の入れ替えが本格化することであく抜けしたとみて、来季業績を期待して、現状維持または上昇もありえるのか。はたして、株価はどううごくのだろうか。
・適合の遅れからの 大きな下方修正。無風とは言わないが大した問題ではない。来年度は5~6月サミット 11月にはW杯 新台自粛が続く。
再来年はオリンピックの長期新台自粛。検定切れ台とのタイミングでどのメーカーもポシャる可能性はある。がんばってください。
・下方修正。いや、よくここまで巻き返したよ。神判の抱合せ販売は酷かったけど やっぱエヴァはホールは欲しいもんな



この時点で見栄はったIRがトントンって事は結果赤字だな。サミーとユニバとフィールズが本業の販売赤字ってところか。Fは3桁赤字が毎年続かないとつまらないな、サミーユニバと違って体力ないから一瞬でHPはゼロにw 3年後のパチンコとスロットの総入れ替え後の機械販売不況を乗り切れない中小企業の一社とみているが結果はいかに
スロメドイツ

ガンツ2なんて、どうせ時代遅れの設定付き小当たりラッシュだろ?エヴァみたいに高継続版でも作り直したのか?ガンツが受けたのは小当たりラッシュの出始めだったからであって今となってはもうどうでもいい版権だよな。続編出すタイミングが遅すぎ。小当たりラッシュ自体が忌避されてるもんな。期間と金かけて作ってるから小台数だと開発赤字だなw

ここだけじゃなく、販売不況状態になるとはつゆしらずでじゃぶじゃぶ版権と、開発費を投じたメーカーたくさんありそうだなw 機種単位の赤字だらけ

サミット自粛前に大手メーカーは何をメインに持ってくるのだろうか。高継続タイプが主流になってくるはずだが、ダンバイン2、シンフォギア2とかあわせてくるのかな?三共は手駒が多いからやりたい放題だな。

スロメ アラブ

パチンコ・パチスロランキング
ブログランキング、1日60人の助けが必要です。サイト価値向上のためご協力ください

合わせて読みたい おすすめ記事




■この記事を読んだ人は、こちらの記事も読んでいます。人気記事

1位.リゼロ スロットの評価と感想「出玉速度は早いが低設定はきつすぎ」

2位.【ショボ連】エヴァ13の評価と感想「出玉の少なさが目立つ。出玉速度遅すぎ」超覚醒 超暴走

3位.【酷い】P咲-Saki-阿知賀編の評価と感想まとめ「ストパンチームが作ったの?」

4位.Pアクエリオン最終決戦verの評価と感想「アクエリオンよりエヴァの方をシンフォギアトレースしてほしい」

5位.CRあしたのジョーの評価と感想まとめ「サミー版はひどすぎ京楽のほうがよかった」

■あなたに、おすすめの記事5選!

【古物商】特殊景品が「石」って何それ?

パチンコイベント、ライターはNGで芸人はOKって抜け道たくさんありそう

昔のパチンコの方が金使わずに楽しめたな。定量やLN制のころな

加藤茶のパチンコ営業は態度が悪い?

封入式パチンコになると機械代安くなるの?